草加市 ベル歯科医院

草加市中央 ベル歯科医院の歯周病

成人の約8割が歯周病

成人の約8割は、程度の差こそあれ、歯周病にかかっていると言われています。
それでは、歯周病っていったい何なのでしょうか?皆さんは漠然と「歯茎の病気」ということはわかっているようですが、正確には「口の中の細菌によって、歯茎の下にある、歯を支える骨(歯槽骨)が溶かされる病気」なのです。
そのため、昔は歯茎から膿が出る、ということで「歯槽膿漏」と呼ばれていました。初期には、自覚症状がほとんどないので、「歯茎が腫れた」などの症状が出てから、歯科医院を受診して、手遅れ、ということがままある怖い病気です。

身近な症状

1)歯ブラシをすると血が出る。
歯肉が炎症を起しています。健康な歯肉であれば、歯ブラシ程度のことでは出血しません。

2)最近、肉のすじや野菜の繊維質、きざみねぎなどが歯に挟まるようになった。
歯が自分では気付かないほどですが、少しずつ動いています。そのため、物が挟まりやすくなるのです。

3)食事後、楊枝を使わないとすっきりしない。
上記と同じ理由です。

4)家族から、最近、口臭がすると言われた。
歯周病により、歯肉の内面がただれているため、膿が出ています。

5)朝起きると、口の中が粘っこい感じがします。
上記と同じ理由です。

6)硬いものを食べると、痛くてどうも力が入れられない。
歯を支える骨がなくなってきているため、かむ力を支える能力が低下してきているためです。

7)歯を指で押すと動く。
歯を支える歯槽骨がかなりなくなってきています。

8)疲れると歯茎が腫れる。
歯周病が進行してくると、歯の周りの免疫力が低下して、細菌の攻撃力の増大によってこのような急性発作を起しやすくなります。
 
 

歯周病が引き起こす全身の病気

 shishu_img2.gif

1)狭心症、心筋梗塞、心内膜炎
動脈硬化により、心筋に血液を送る血管が狭くなったり、詰まってしまい心筋に血液供給ができなくなり死に至ることもある病気です。
歯周病菌の刺激により動脈硬化を誘導する物質が出て血管内にプラーク(粥状の脂肪性沈着物)ができ血液の通り道が細くなります。
プラークが剥がれて血の塊ができると、その場で血管が詰まったり、血管の細い所で詰まります。

2)誤嚥性肺炎
誤嚥性肺炎とは、肺炎の一種なのですが、その原因が、誤嚥により起こるものです。
誤嚥とは、唾液や食べ物、飲み物など、本来は気管に入るべきでない物が誤って気管に入ってしまうことです。主に介護を必要とするような高齢者や寝たきりの方などがかかりやすい肺炎です。
誤嚥を起こす場合、その細菌も一緒に誤嚥するため、口の中の細菌の数が多いほど誤嚥する細菌の数も増え、より肺炎を起こしやすくなってしまうのです。

3)糖尿病
糖尿病の人はそうでない人の2倍強の頻度で歯周病が起きやすく、また歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという逆の関係も明らかになってきました。
歯周病菌が歯肉の血管から浸入し全身に回ります。歯周病菌が出す毒素によって、間接的にインスリンの働きをじゃましてしまうため血糖値が上がってしまいます。
歯周病が改善されれば、糖尿病を示すHbA1c値も改善されます。

4)脳梗塞
脳の血管のプラークが詰まったり、頚動脈や心臓から血の塊やプラークが飛んできて脳血管が詰まる病気です。
歯周病の人は、そうでない人の2.8倍も脳梗塞になり易いと言われています。

5)早産、低体重児出産
妊娠中はホルモンの変化などによって、歯茎の炎症が起こりやすくなり、歯周病になる人が少なくありません。これが「早産、低体重児出産」の危険度を高めているのです。
歯肉の血管から浸入した歯周病菌が血流にのって子宮に達すると、子宮筋の収縮を引き起こして早産や低体重児出産になる可能性があります。
最近の報告によると、歯周病にかかった妊婦さんに低体重児出産が起きるリスクは、健常者の4.3倍と言われているのです。


歯周病とは

dentistry_img01.jpg

歯周病は歯の病気ではなく、歯肉(歯ぐき)や歯槽と骨(あごの骨)などの、歯の周囲組織の病気です。
歯周病は細菌によって引き起こされる感染症です。
自然に治ることはなく、治療しなければ確実に進行していきます。

dentistry_img02.jpg

口の中には、数百種類、数千億個の細菌がいると言われています。
これらの細菌は、歯垢を絶好のすみかにしてどんどん増えていきます。

dentistry_img03.jpg

歯周病は、まず歯肉が炎症を起す歯肉炎から始まります。
歯肉に炎症が起きてはれると、歯と歯肉との間の溝(歯肉溝)が深くなります。これを歯周ポケットといいます。歯周ポケットには、歯垢がたまりやすく、かつ取り除きにくくなります。
また、歯周ポケットの奥には酸素が届きにくいので、酸素を嫌う性質の歯周病菌(嫌気性菌)が繁殖しやすくなります。

dentistry_img04.jpg

歯肉炎を放置しておくと炎症が歯根膜や歯槽骨まで広がり、歯周炎と呼ばれる段階になります。さらに進行すると炎症によって歯槽骨が溶けていきます。そして、ついには支えを失った歯が抜け落ちてしまうのです。
さらに、歯周病は歯や歯周組織を失うばかりでなく、心臓病などさまざまな全身疾患と密接に関係していることがわかっています。