草加市中央 ベル歯科医院の予防歯科

 

img02.jpg 

少し自覚症状があるのに歯医者に行かない。どうしてでしょうか?
不自由を感じない、そんなに痛くない、少し我慢をすればおさまる、痛い事をされるので恐いなど様々な理由が有ります。
分かります。でも絶対に歯は自然には治らないのです。

待てば待つほどひどくなり、治療に時間がかかり費用も増えていきます。
それでは勇気を出して歯医者へ今はそんなイメージを持たないで下さい。
美味しく食べられ人前で笑える為に気軽に御来院下さい。そこから予防歯科がスタートします。

PMTC

P (professional):歯科医師、歯科衛生士により
M (mechanical):専用の器械を使用して
T (tooth):歯を
C (cleaning):磨き上げる

歯ブラシだけでは虫歯予防、歯周病予防はできません。
つまり歯の周りには多くの細菌が存在し、その細菌がバイオフィルムという丈夫なバリヤーを形成するので、ブラッシングではなかなか除去できないからです。
その最も効果的な方法が歯科医師が専門の器械を用いて歯を磨き上げるPMTCなのです。

 

 

定期検診

歯科医院には様々な患者様が来院されますが、多くの方は重度の虫歯や歯周病を患っています。
初期の虫歯や歯周病は自分でなかなか発見できず症状が出てから初めて気が付く場合がほとんどです。

しかし一時しのぎ的な治療では再発が繰り返されるだけで一向に良くなりませんので事前に対処する事が重要になります。
あなたも自覚症状が無いだけで、虫歯や歯周病を患っているかもしれません。口腔内の健康維持のためにぜひ定期健診を受け、早期治療、予防に心がけましょう。

 

 

歯磨き方法

歯は正しい方法でていねいに磨きましょう。
「みがいてる」と「みがけてる」とはちがいます。

虫歯のできやすいところ。
<歯と歯の間>
<歯と歯ぐきの境目>
 歯周病になりやすいところ。
<奥歯の噛み合わせ>

 hamigaki1.gif

歯と直角に歯ブラシを当て、1cm程度の振幅で磨きます。
特徴としては、操作が簡単で清掃効果が高いので、幼児から成人までに適しています。

 hamigaki2.gif

毛先を歯に対して45度の角度で当て、5mmくらいの幅で振動させます。
特徴としては、歯と歯ぐきの境目の清掃効果が高いので、歯ぐきの弱い人に適しています。

 hamigaki3.gif

歯並びの凹凸部に歯ブラシを縦に当て、上下、左右に小さく振動させて磨きます。
凹凸部に歯ブラシをきちんと当て、小さく動かさないと汚れは落ちません。

 

 

歯間ブラシ

image.jpg

歯と歯の間に歯間ブラシを通し、毛先を出し入れして歯の間の汚れを取ります。なるべく細めのものを使いましょう。
歯間部の炎症(歯茎が赤く腫れている場合)のある所に歯間ブラシを通すと、かなり出血しますが、悪い血が出ているので心配ありません。1週間も使っていれば血が出なくなります。
歯間ブラシを使っても歯は開きません。炎症が治まってきます。歯茎が引き締まって隙間はできますが、健康になった証拠なのです。