草加市中央 ベル歯科医院の根管治療(根の病気と治療)

根管治療(根の病気と治療)について


虫歯が大きくなって痛みが出て神経まで進行してしまった虫歯は、神経を取り除く治療が必要です。
神経を取り除いてしまえば痛みは治りますが、治療を途中で止めてしまうと、細菌によって根が腐ってしまったり、歯がボロボロになって最後は歯を抜かなければならなくなってしまいます。根気よく、最後まで治療しましょう。場合によっては半年以上かかることもあります。

2351H-1.jpg

治療前の状態
根の中がたくさんのバイ菌の住みか(虫歯)になっています。このままでは全体が腐ってしまいます。
(この時は歯がズキズキと痛みます)

2351H-2.jpg

痛みはこの時点で治りますが、ここで中断すると再びバイ菌が住みつき治療前よりも悪くなり、骨の中に膿が溜まり、再び痛みが出るようになります。
つまり根っこの中に入れる薬の効果は2週間位しかもたないので、定期的に薬の交換をしないとバイ菌は無くならないのです。
だから回数と時間がかかるのです。
腫れたり痛みが出た時の根っこの治療がほんの数回で終わる事はありえないのです。
早く終わる場合は治ってないという事を頭に入れておいてください。

2351H-3.jpg

ここで中断すると、柱と歯との境目から虫歯になることもあります。また、歯並びや咬み合わせにも影響します。

2351H-4.jpg

治療が完了した後は、定期的な歯科検診を受けて、歯を大切に守りましょう。